パチンコでお金を借りてしまった。

しかも借り過ぎて借金が膨大になってしまった。

そんな方もたくさんいると思います。いわゆるギャンブル依存症ですね。

パチンコやスロットで抱えた借金というのは、基本的に自己破産や債務整理などができません。

なぜかというと、借金をチャラする自己破産や借金の減額をする債務整理などは、起業や独立するときにした借金。

もしくは家のローンなどが支払えない場合などに有効だからです。

浪費や遊んで使ってしまった場合は却下されるケースがほとんどなのです。

浪費というのは、欲しいものをたくさん買ったりした場合などですね。買い物依存症の方も同じといえます。

ギャンブルは遊戯ですから、そういった借金をなくしていてはみんなが「負けても自己破産できるからいいや」って気持ちで簡単にお金を借りて使ってしまいますよね。

なので、パチンコの借金というのは基本的に減額や帳消しなどにはできないようになっているのです。